血液検査による「腫瘍検査」で、悪性腫瘍を早期発見し早期治療すことができます。
   

                  
                                     
                               
現在、ご登録施設様専用のページの制作を行っています。
                                                       ログインするためにはパスワードが必要となりますのでパス
                                                        ワードのご登録をお願い致します。

                                    


























「ガン検査」悪性腫瘍の有無を調べるための血液検査です。

近年増えてきているペット(犬・猫)のガンを、血液検査により発見できるようになりました。
あなたの愛犬・愛猫のガン早期発見のために、定期的なチェックを行ってあげてください。

                  
Topicks
Message

News
 ご存知でしたか?犬の病気での死亡率トップ“ガン”です。
近年、ペットの人間生活環境の同等化により「ガン」や「生活習慣病」といった怖い病気の罹患率が増加してきています。動物医療は人間医療からはかなり遅れており、これといった有効な「ガン検査」手段がありませんでした。この度、大阪府立大学との共同研究により、人間用腫瘍マーカの小動物(犬)への応用に成功し「ガン検診」は生まれました。
体に悪性腫瘍が発症した場合、発症した部位特定は行えませんが早期にしかも高い確率で悪性腫瘍の発症を検知することができます。人間同様、早期に発見し早期に治療や加療などを行うことで、成長や転移などを未然に防ぐことができます。医療技術や治療方法などもかなり進歩してきており、悪性腫瘍も早期にに発見さえすれば決して怖い病気ではなくなりつつあります。
Copyright 2007 Japan pet-life Corpration
悪性腫瘍を早期発見することで早期治療が行えます。
「犬のガン検査」「猫のガン検査」
血液検査による